ウエディングレポート

次々と繰り出す非日常に皆の心が躍る
月日が経っても思い出話に花が咲く、贅沢な一日

長野県にお住いのお二人。軽井沢にて「料理の美味しさ」を最も重視し、式場探しをされました。既にお気に召された会場もあった中、ブレストンコートでの試食会を経て、迷わずこちらでの結婚式を決めてくださったそう。「日頃の感謝の気持ちを込めて、家族や親族のためだけに、気を遣うことなく非日常が味わえるような場を作れれば」というお二人の願いが叶い、日常には無い心躍るような演出や滞在を、皆様に心からリラックスして楽しんでいただけたようです。

Ceremony

25年前の母の姿を追うバージンロード
一つの家庭を作る責任の重さを実感

「私の両親は25年前に同じく『軽井沢高原教会』で挙式しています。父と共に、25年前の母の姿を追いかける形でバージンロードを歩みながら、両親と過ごした日々の重みを感じ、新たに一つの家庭を作る責任感を覚えました。緑の中でのライスシャワーは非常に上品で美しく、まるで清廉さを浴びたようでした。教会を出て軽井沢らしい爽やかな気候に包まれると、参列者一同の緊張も解けたようで、終始笑顔が絶えない和やかなひと時となりました」

Party

非日常感あふれる演出の数々
祝福の声を浴びながら新郎新婦も料理を満喫

「ムービーや余興は用意しませんでしたが、アッサンブラージュ(※)など会場側で様々な演出をご用意いただき、とても素敵で愉快な披露宴になりました。目と鼻の先で調理をするシェフや、夢のようなデザートマルシェなど、日常では味わうことのできない演出に心が躍りました。新郎新婦がほとんど料理を口にしないような披露宴をよく目にしますが、私たちは皆からの祝福の声を浴びながら、お腹一杯になるまで料理を味わい、贅沢な時間を過ごすことができました」

Stay

感謝の気持ちを込めての「星のや軽井沢」
1年経っても語られる、夢のような結婚式

「県内在住なので軽井沢に宿泊する機会はまずありません。だからこそ、今まで親族一同から受けた愛情や恩恵に対する感謝の意も込めて、少し背伸びをして『星のや軽井沢』での宿泊を決めました。祖母や両親は翌朝早起きして散歩し、“朝の軽井沢”を全身で味わったそうです。結婚式の翌日まで夢の続きを味わえたこともあり、1年経った今でも、親族間では『あんなに贅沢な一日は無かった』などと、過ぎた日を羨むような思い出話が繰り広げられています」

軽井沢高原教会の詳細はこちら
ゲイブルハウスの詳細はこちら

ウエディング
お問い合わせ どんな質問もお気軽にどうぞ
TEL.050-5841-2360(ホテル直通ダイヤル)
ウエディングパンフレットのご請求
  • アフターウエディングストーリーズ
  • 参列される皆様へ よくあるご質問

CONTACTお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ・ご予約・ご相談

050-5841-2360

全国ウエディングサロンのご案内

教会・パーティ会場のご案内、お見積もりや空き状況など、検討段階に合わせてご案内いたします。
具体的な検討はまだ先だけど…といったお客様も気軽にご来館いただけます。

read more